Navigation

日々、アイデアを評価。

Moonshot Factory Google X の Fail Fast 解決法。

ホットなアイデアと腐った卵から。

子供たちは想像力が豊かです。彼らはマッチ箱の車を投げて飛ばします。そのとき彼らが手にしているのは飛ぶ車です – そしてそれはもちろん月まで飛んでいきます。「Moonshot Factory Google X」も同じ原理で働きます。彼らは徹底してシンプルな解決策を見つけます。要するに Google のインキュベータは、明日のキー・テクノロジーを孵化させるように設計されているのです。しかしどんなアイデアが本当に有益で、どれが腐った卵にすぎないのでしょうか?

その答えは、Rapid Evaluation (迅速な評価) として知られる Google X のアイデア評価から得られます。ここでアイデアが蹴られ、打たれ、分解され、つぶされます – そうして、このようなアイデアはまだ自分に世界を変える準備ができていないことを認めさせられます。通常、100 のアイデアのうち生き残るものは 1 つもありません。そして Google X をあのように成功に導く鍵は、まさにこうした選択方法にあります。これはまた、Google X の名前から X が生き残った理由でもあります。

「私たちはムーンショット・ファクトリで夢の実現を信じています。そして熱烈な懐疑主義は無限の楽観主義の敵ではありません。それは楽観主義の完璧なパートナなのです。それは毎日のアイデアに潜む可能性を解き放ちます。一見不可能に見えることを実際に達成可能にします。私たちは夢の中にある未来を創り出すことができるのです。」– アストロ・テラー、X でのムーンショットのキャプテン

10X Thinking。

アイデアの徹底的な評価は「10X Thinking」という方針に基づいています。既存のテクノロジーを改善するだけでは十分ではありません。真の革新は、これまでに存在したどれよりも 10 倍優れたものでなければなりません。少なくとも 10 億人の人々の生活を変化させるものでなければなりません。最初にあなたは実に大きな、社会に関する問題を引き受けます – 長い間存続している問題あるいは将来人々にとって重要となるかもしれない問題です。第 2 に、その問題に対して実に斬新な解決策を明確に示します – 妥協のない解決策、完璧な製品や完全無欠のサービスなどを示す解決策、SF 映画から出てきたような解決策を。第 3 に、そのアイデアが実現可能なものであるかどうかをテストします。実現可能であれば、試作品を製作し、次の Rapid Evaluation へ送ります。

X では、各開発段階 (またはいくつかの段階) の後に 1 回の Rapid Evaluation があります。そのため、毎回段階が進むたびに、問題を解決する方法の全体の不可能度が明らかにされていきます。問題の調査にコストがかかりすぎる場合、問題を十分な粘り強さと独創力で克服できない場合、実現に 10 年以上かかる場合、想定される解決策に実際の科学的根拠が見られない場合、プロジェクトは中止されるか延期されます。聞くところによると、これはほとんどいつも起こることです。X の総予算は不明ですが、月あたりの限度額は知られています。例えば、あるアイデアの実現可能性が 2 億ドルかかる実験によってしか確認できない場合、それは X にとっても高すぎるので中止されるでしょう。

X – 温室培養。

Google X では毎年 100 以上のアイデアが実現可能性をテストされます。アイデアが試作品段階を乗り切った場合や開発段階に入った後でも、まだテストは実施されます。誰かがやって来て、その提唱者を現実に引き戻して、こう言います。「誰がそれを買うつもりかね?実際誰の役に立つのか?それは合法か?」これの良い点は、一度にあまり多くのアイデアに関わらなくてよいことです。X は、どんなアイデアに関わっているのか、またいくつのアイデアに関わっているのかを公表しません。おそらく 10 を超えてはいないでしょう。

最もよく知られている生き残った X プロジェクトは Google CarGoogle LoonGoogle GlassGoogle Watch です。成功したインキュベーションのリストは長大で、この後さらに長くなっていきます。これが Google をパイオニア的企業としているものであり、顧客に忠誠心を抱かせるのです。というのも顧客は発明をいくらでも欲しいと思うものであり、それに関わる人たちは利益を見込んでいるからです。輝きは 10 倍になります。基本的に X のポートフォリオ全体は利益を出すことを目指しています – しかしそれは必ずしもすべての製品について言っているのではありません。製品の中には、ドルで評価した場合にビジネスで他より良い成果を上げるものがあるでしょう。また他の製品は世界に大きな影響を及ぼすものの、マーケティングにはあまり関与しないかもしれません。

ますます理解しなくなるから成功。

X では 250 人の人々が働いています – プロジェクトに失敗することで生きることのできる人たちです。彼らは上司から、可能性のある解決策をそれらが失敗するまでテストするように奨励 / 訓練されています。失敗すれば、彼らは上司からハイタッチの祝福を受けるだけでなく、特別手当を得られます。これらは既成概念にとらわれずに物事を考え、分野を越えた仕事ができる人たちです。彫刻家が元軍人と一緒に働き、ファッション・デザイナーが航空技師と一緒に働いています。そして X で働く人たちの中には有名人も何人かいます。中でもリック・デュボウル、アストロ・テラー、ミッチ・ハインリヒ、セバスチャン・スランはよく知られています。より少ないものについてより多くを知る科学者 (特定の研究部門内での非常に特別な領域) とは違い、上記の人たちは、ある意味で、より多くのものについて知ることが少なくなります。

その徹底した Fail Fast (迅速に失敗する) 文化こそが X をムーンショット・ファクトリにしているのです。彼らのアイデアが高いところを目指し、斬新な解決策を求めるので「ムーンショット (月ロケットの打上げ)」と呼ばれています。「ファクトリ」は、ビジョンの転換が戦略的に管理されているからです。いつの日か飛ぶ車をつくることを夢見るのは、まさにこのムーショット・コンセプトなのです。

この記事の発行元はビジネス・イノベーション (ダイムラーの革新的なビジネス・ソリューション研究所) です。FacebookTwitterInstagram をご覧になり、ビジネス・イノベーション・フォーラムのディスカッションに参加してください。

機能の範囲は国によって異なる場合があります。